コンテンツ生成装置及びコンテンツ生成プログラム

開放特許情報番号
L2018001442
開放特許情報登録日
2018/7/6
最新更新日
2018/7/6

基本情報

出願番号 特願2013-195734
出願日 2013/9/20
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-060539
公開日 2015/3/30
登録番号 特許第6285676号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 コンテンツ生成装置及びコンテンツ生成プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 コンテンツ生成装置及びコンテンツ生成プログラム
目的 CGオブジェクトの種類や数に応じて簡便かつリアルタイムにコンテンツを生成すること。
効果 簡便かつリアルタイムにコンテンツを生成することができる。
技術概要
1又は複数のCGオブジェクトを有する映像コンテンツを生成するコンテンツ生成装置において、
生成する映像コンテンツに含まれるCGオブジェクトの種類及び数に基づいて、スクリプトから映像コンテンツを生成する映像生成エンジンの数を割り当て、割り当てた映像生成エンジン毎に、担当するスクリプトを割り当てるスクリプト担当割り当て手段と、
映像コンテンツを生成するためのスクリプトを生成するスクリプト生成手段と、
スクリプト生成手段により生成されたスクリプトを用いて、スクリプト担当割り当て手段により割り当てられた映像生成エンジンにより、それぞれが担当する映像コンテンツを生成すると共に、他の映像生成エンジンで生成された映像コンテンツを入力映像とし、該入力映像とスクリプトから生成した映像コンテンツとを合成するコンテンツ生成手段と、
コンテンツ生成手段により得られる映像コンテンツから、映像生成エンジン毎に生成される映像コンテンツの合成時の遅延時間を取得し、取得した遅延時間に基づいて、スクリプト生成手段から各映像生成エンジンにスクリプトを送信するタイミングを調整する遅延調整手段と、
を有することを特徴とするコンテンツ生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT