逆多重化装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2018001439
開放特許情報登録日
2018/7/6
最新更新日
2018/7/6

基本情報

出願番号 特願2013-185780
出願日 2013/9/7
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-053619
公開日 2015/3/19
登録番号 特許第6302194号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 逆多重化装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 逆多重化装置及びプログラム
目的 信号データに補助情報データが重畳された多重化データを受信する際に、補助情報データを頑健に再生可能な逆多重化装置及びプログラムを提供すること。
効果 信号データに補助情報データが重畳された多重化データを受信する際に、補助情報データを頑健に再生することが可能となる。
技術概要
信号データに補助情報データが重畳された多重化データまたは前記信号データを、伝送路を介して伝送データとして受信し、前記伝送データが多重化データの場合、前記多重化データを逆多重化して前記補助情報データ及び信号データを生成して出力し、前記伝送データが信号データの場合、前記受信した信号データを出力する逆多重化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT