立体映像表示装置

開放特許情報番号
L2018001437
開放特許情報登録日
2018/7/6
最新更新日
2018/7/6

基本情報

出願番号 特願2013-178738
出願日 2013/8/30
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-049263
公開日 2015/3/16
登録番号 特許第6232229号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体映像表示装置
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 立体映像表示装置
目的 立体映像を様々な視点で表示できる立体映像表示装置を提供すること。
効果 異なる視点の要素画像群が表示される視域をそれぞれ形成するので、異なる視点で被写体の立体映像を表示することができる。
技術概要
被写体が撮影された要素画像群を用いて、インテグラルフォトグラフィ方式により被写体の立体映像を表示する立体映像表示装置であって、複数の映像投射手段と、光学素子と、レンズアレイと、反射部材と、を備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT