送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2018001427
開放特許情報登録日
2018/7/6
最新更新日
2018/7/6

基本情報

出願番号 特願2013-139673
出願日 2013/7/3
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2015-015528
公開日 2015/1/22
登録番号 特許第6235812号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 送信装置及び受信装置
目的 10G−SDIを構成する8本の1.485Gbpsベーシックストリーム信号を、10GEで伝送可能な信号へ変換する送信装置及び受信装置を提供すること。
効果 8本の1.485Gbpsベーシックストリーム信号(4組のデュアルリンクHD−SDI信号)を10GEで伝送でき、高画質高精細な放送信号の伝送が安価に実現可能となる。
技術概要
10G−SDI(10Gbps - Serial Digital Interface)を構成する4組のデュアルリンクHD−SDIの信号を入力してMACフレームを構成するSDI/10GE(10ギガビットイーサネット(登録商標))変換部と、MACフレームをイーサネットネットワークに送信する送信部とを有する送信装置であって、
SDI/10GE変換部は、4組のデュアルリンクHD−SDIのCH1からCH8の8本の所定伝送速度のベーシックストリーム信号を入力し、4組のデュアルリンクHD−SDIのCH2からCH8のHANCデータ、EAV/LN/SAV、及びVANCデータを削除するとともに、CH2,4,6,8の有効画素領域のアルファチャネルの予約ビットとパリティビットを削除するSDIビット削除部と、
SDIビット削除部の出力データにRTP/UDP/IPヘッダを付加してMACフレームを形成する10GE MACフレーム化部と
を有し、
SDIビット削除部はHANC領域であるか否かの情報と、ライン番号の情報をさらに送信し、10GE MACフレーム化部は、RTPヘッダにHANC領域であるか否かの情報とライン番号の情報を加えることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT