踏切支障報知装置

開放特許情報番号
L2018001416
開放特許情報登録日
2018/7/5
最新更新日
2018/7/5

基本情報

出願番号 特願2015-238276
出願日 2015/12/7
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-105225
公開日 2017/6/15
発明の名称 踏切支障報知装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 踏切支障報知装置
目的 踏切内の歩行者の行動を補助することができるとともに、踏切内に歩行者が閉じ込められたときに列車を迅速に停止させることができる踏切支障報知装置を提供する。
効果 踏切内の歩行者の行動を補助することができるとともに、踏切内に歩行者が閉じ込められたときに列車を迅速に停止させることができる。
技術概要
踏切に接近する列車にこの踏切内の支障を報知する踏切支障報知装置であって、
前記踏切への前記列車の接近の有無に応じて起倒可能であり、この踏切を歩行する歩行者が手で掴み歩行行動の補助として使用する可動手すり部と、
前記可動手すり部を前記歩行者が非常操作させたときに、前記列車を停止させるための停止信号を信号機に現示させる制御部と、
を備える踏切支障報知装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT