降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する運転規制の基準値変更システム

開放特許情報番号
L2018001408
開放特許情報登録日
2018/7/5
最新更新日
2018/7/5

基本情報

出願番号 特願2015-248103
出願日 2015/12/21
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-116971
公開日 2017/6/29
発明の名称 降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する運転規制の基準値変更システム
技術分野 情報・通信、土木・建築、輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策、制御・ソフトウェア
適用製品 運転規制の基準値変更システム
目的 降雨を的確に測定することにより、降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する安全性の向上を図ることができる、降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する運転規制の基準値変更システムを提供する。
効果 降雨を的確に測定することにより、降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する安全性の向上を図ることができる。
技術概要
線路近傍斜面の透水性の低い層と高い層の境界に地下水流速計を設置し、前記線路近傍に地震計を設置し、前記地下水流速計と前記地震計からの情報を処理システムで統合し、前記地下水流速計の地下水流速が規定値以上になった場合に、前記地震計の運転規制基準値を低下させることを特徴とする降雨による斜面崩壊と地震の複合災害に対する運転規制の基準値変更システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT