ホスト装置及び中継装置

開放特許情報番号
L2018001379
開放特許情報登録日
2018/6/28
最新更新日
2018/6/28

基本情報

出願番号 特願2016-040586
出願日 2016/3/3
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-154642
公開日 2017/9/7
発明の名称 ホスト装置及び中継装置
技術分野 輸送、電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ホスト装置及び中継装置で構成されてマルチホップ通信を行う無線通信システム
目的 ワイヤレスセンサネットワークを車両状態監視システムに適用して無線通信システムを構成するための技術を提供する。
効果 他の列車が接近している場合や、車両の増解結が行われた場合であっても、自列車のワイヤレスセンサネットワークに係る通信ネットワークを比較的簡単・短時間に構築することができる。
技術概要
先頭車両12に搭載されるホスト装置20と、他の各車両10に搭載される中継装置30とで構成される無線通信システム1において、ホスト装置20は、増解結後の編成についての連結情報を用いて、各装置間の直接通信の可否の情報である通信行列を更新し、更新した通信行列に従って、自装置(ホスト装置20)の経路表を更新するとともに、各中継装置30の経路表を作成し、作成した経路表を該当する中継装置30へ送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT