光発電_4_光電変換素子及びその製造方法_2017年度WIPO GREEN DB登録済

開放特許情報番号
L2018001345
開放特許情報登録日
2018/6/27
最新更新日
2018/6/27

基本情報

出願番号 特願2014-541872
出願日 2012/10/18
出願人 富士通株式会社
公開番号 WO2014/061128
公開日 2014/4/24
登録番号 特許第6070714号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 光電変換素子及びその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 光電変換素子及びその製造方法
目的 低照度の室内光環境(低照度条件)及び高照度の太陽光環境(高照度条件)の両方で高い光電変換効率が得られるようにしたい。
効果 本光電変換素子及びその製造方法によれば、低照度の室内光環境(低照度条件)及び高照度の太陽光環境(高照度条件)の両方で高い光電変換効率が得られるという利点がある。
技術概要
陽極と、陰極と、
バルクへテロ接合を構成するp型有機半導体材料及びn型有機半導体材料を含み、前記p型有機半導体材料としてPCDTBTを含み、前記n型有機半導体材料としてPC71BMを含む光電変換層とを備え、
前記光電変換層は、X線回折プロファイルにおいて面間隔d=1.6nm〜2.0nmに対応する回折ピークを持つことを特徴とする光電変換素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ファミリ:中国_201280076453.1, EPO_12886510.2, 米国_14/684903, 【SDGs目標】 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT