動物の衝突防止設備

開放特許情報番号
L2018001301
開放特許情報登録日
2018/6/20
最新更新日
2018/6/20

基本情報

出願番号 特願2016-057075
出願日 2016/3/22
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-169466
公開日 2017/9/28
発明の名称 動物の衝突防止設備
技術分野 食品・バイオ
機能 機械・部品の製造
適用製品 衝突防止設備
目的 鉄道軌道内に動物が侵入して、迫り来る列車に追われた場合にも、該動物を速やかに軌道外に逃がすことができ、列車との衝突事故を未然に回避することができる、動物の衝突防止設備であって、降雪地域や山間地においても好適に効果を奏し得る動物の衝突防止設備を提供する。
効果 鉄道軌道に隣接して設けられ、動物を軌道上から軌道外に退避させる退避所を設けることにより、鉄道軌道内に動物が侵入して、迫り来る列車に追われたとしても、該動物を前記退避所に誘導して速やかに外部に逃がすことができ、これによって列車との衝突事故を未然に回避することができる。また本発明によれば、退避所内に融雪設備を設けることにより、降雪地域や山間地においても動物が退避所に誘導されやすくなり好適に上記効果を得ることができる。
技術概要
鉄道軌道に隣接して設けられ、動物を軌道上から軌道外に退避させる退避所と、
前記退避所に設けられ、退避所内の融雪を行う融雪設備と、を備えることを特徴とする、動物の衝突防止設備。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT