レール締結装置

開放特許情報番号
L2018001299
開放特許情報登録日
2018/6/20
最新更新日
2018/6/20

基本情報

出願番号 特願2016-056337
出願日 2016/3/19
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-172120
公開日 2017/9/28
発明の名称 レール締結装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 レール締結装置
目的 レールと締結ばねとの間に挟み込まれる挟み込み部材の耐久性を向上させることができるレール締結装置を提供する。
効果 レールと締結ばねとの間に挟み込まれる挟み込み部材の耐久性を向上させることができる。
技術概要
レールを支持体に締結するレール締結装置であって、
前記レールと締結ばねとの間に挟み込まれる挟み込み部材を備え、
前記挟み込み部材は、前記レールからこの挟み込み部材に伝わる荷重によってこの挟み込み部材に発生する応力集中を緩和する応力集中緩和構造を備えること、
を特徴とするレール締結装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT