ケミカルプレストレストコンクリート軌道部材およびその製造方法

開放特許情報番号
L2018001298
開放特許情報登録日
2018/6/20
最新更新日
2018/6/20

基本情報

出願番号 特願2016-059537
出願日 2016/3/24
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-172213
公開日 2017/9/28
発明の名称 ケミカルプレストレストコンクリート軌道部材およびその製造方法
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 構成部材およびその製造方法
目的 機械式プレストレスに代って、軌道部材にケミカルプレストレストコンクリートを適用して、機械式プレストレスの問題点をケミカルプレストレスにより解決する、ケミカルプレストレストコンクリート軌道部材およびその製造方法を提供する。
効果 (1)従来の緊張材(異形鉄筋、PCより線、PC鋼棒および支圧板など)を利用して、ジャッキによる緊張作業なしで、プレストレスを導入できる。これにより機械式プレストレスを完全配置または部分的に置換できる。
(2)鉄筋やレールを締結する部材と接続するための埋込み栓・スパイラル筋を利用して、レール締結部といった機械式プレストレスでは困難な箇所にプレストレスを導入できる。
(3)軌道部材のコンクリートの自己収縮および乾燥収縮を補償できる。
技術概要
軌道部材にケミカルプレストレストコンクリートを適用し、PCより線やPC鋼棒および支圧板を拘束体として構成し、ジャッキによる緊張作業なしで、プレストレスを導入する手段を具備することを特徴とするケミカルプレストレストコンクリート軌道部材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT