軌道試験装置

開放特許情報番号
L2018001293
開放特許情報登録日
2018/6/20
最新更新日
2018/6/20

基本情報

出願番号 特願2016-062538
出願日 2016/3/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2017-173265
公開日 2017/9/28
発明の名称 軌道試験装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 軌道試験装置
目的 簡易な機構により、模擬的に設けたレール軌道を正確に評価することができる軌道試験装置を提供する。
効果 ストッパに接するレールの端部をテーパ部とするとともに、該テーパ部の下面に接触してレールの垂直方向の荷重を受ける荷重伝達部材を、下方へ向かって縮径する形状としたので、レールからの振動が伝達された後の反射波の影響を排除することができ、該レールの設置状況を正確に測定することができる。
技術概要
駆動車輪が走行されるレールと、
このレールの端部に形成されたテーパ部と、
このテーパ部の先端に接してレールの長さ方向の荷重を支持するストッパと、
このテーパ部の下面に接触し、下方へ向かって縮径してレールの垂直方向の荷重を受ける荷重伝達部材と、を具備することを特徴とする軌道試験装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT