可折構造物、ならびに、可折構造物製造方法、可折構造物製造装置、および、プログラム

開放特許情報番号
L2018001283
開放特許情報登録日
2018/6/19
最新更新日
2018/6/19

基本情報

出願番号 特願2017-535529
出願日 2016/8/12
出願人 国立研究開発法人科学技術振興機構
公開番号 WO2017/030103
公開日 2017/2/23
発明の名称 可折構造物、ならびに、可折構造物製造方法、可折構造物製造装置、および、プログラム
技術分野 機械・加工、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 可折構造物、ならびに、可折構造物製造方法、可折構造物製造装置、および、プログラム
目的 可撓性の素材であっても、一様でない伸縮が抑制されるように剛性が付与される可折構造物、ならびに、可折構造物製造方法、可折構造物製造装置、および、プログラムを提供する。
効果 可撓性の素材で各面を構成しても、一様でない伸縮が抑制されるように剛性が付与される可折構造物、ならびに、可折構造物製造方法、可折構造物製造装置、および、プログラムを提供することができる。
技術概要
少なくとも二つの筒型構造を含む可折構造物であって、
前記二つの筒型構造は、互いに共有する共有面の連続である共有面列を有し、
一方の前記筒型構造の前記共有面列における捩れ特性は、他方の前記筒型構造の当該共有面列における捩れ特性とは逆方向であることを特徴とする、可折構造物。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT