茶飲料のフロック発生抑制剤

開放特許情報番号
L2018001278
開放特許情報登録日
2018/6/19
最新更新日
2018/6/19

基本情報

出願番号 特願2005-146126
出願日 2005/5/19
出願人 三井農林株式会社
公開番号 特開2006-320245
公開日 2006/11/30
登録番号 特許第4587873号
特許権者 三井農林株式会社
発明の名称 茶飲料のフロック発生抑制剤
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 茶飲料
目的 緑茶飲料を長期間保存すると綿状浮遊物(以下フロック)が観察されるが、フロックの発生は、透明容器に密封充填された飲料製品では特にその外観を損ない、その形状や大きさから微生物による汚染と誤認されやすい等、茶飲料の商品価値を著しく損なう要因となっている。そこで、茶飲料のフロック発生抑制剤及びフロック発生抑制方法並びにフロックの発生が抑制された茶飲料及びその製造方法を提供。
効果 本特許発明の茶飲料のフロック発生抑制剤は、茶本来の風味を保持しながら、長期間にわたり茶飲料のフロックの発生を抑制することができる。また特別な装置を必要とせず、既存の設備を利用してフロックの発生が抑制された茶飲料を製造することができるため、生産性、製造コストに対する効果が非常に大きい。更に、フロック発生抑制剤を使用して製造することにより、フロックの発生が長期間にわたり抑制されるため、保存性に優れており、且つ、茶本来の風味をそのまま保持した茶飲料を提供することができる。
技術概要
 
茶抽出物が分画分子量10,000以下の画分を分取した茶低分子画分からなることを特徴とする茶抽出物を有効成分とする茶飲料のフロック発生抑制剤。
茶抽出液にアルコールを加えて沈殿するアルコール不溶性画分を有効成分とする茶飲料のフロック発生抑制剤。
上記のフロック発生抑制剤を緑茶抽出液に0.002%以上0.5以下添加することにより製造される、フロックの発生が抑制されたことを特徴とする茶飲料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 三井農林株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT