ニューロン動作素子

開放特許情報番号
L2018001261
開放特許情報登録日
2018/6/15
最新更新日
2018/6/15

基本情報

出願番号 特願2014-018374
出願日 2014/2/3
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-146373
公開日 2015/8/13
登録番号 特許第6333566号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 ニューロン動作素子
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 ニューロン動作素子
目的 ニューロン動作を再現できる単体素子を提供する。また、その動作は、生物のニューロンの様に入力信号の強度や頻度に応じて時定数を変えることが可能なニューロン動作素子を提供する。
効果 本発明によれば、従来は複数個の素子を組み合わせた回路を必要としていたニューロン動作を単一素子によって実現できるようになるという大きな効果が得られる。
技術概要
イオン拡散材料を挟んで一方には入力用電極が、もう一方には絶縁物材料を介して出力用の第1の電極及び第2の電極が配置された3端子型の構造を有し、
前記入力用電極は電圧の印加により前記イオン拡散材料中を拡散する金属イオンを前記イオン拡散材料に与え、
前記入力用電極に印加される電圧によって前記イオン拡散材料中における金属イオンの拡散とその核形成を複数の入力によって制御して動作する3端子型素子であって、
核形成した金属によって前記第1の電極と前記第2の電極とが電気的に接続されるニューロン動作素子。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT