板状金属水酸化物含有シート状電極、その製造方法及び板状金属水酸化物含有キャパシター

開放特許情報番号
L2018001254
開放特許情報登録日
2018/7/23
最新更新日
2018/7/23

基本情報

出願番号 特願2013-155384
出願日 2013/7/26
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-026714
公開日 2015/2/5
登録番号 特許第6161158号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 板状金属水酸化物含有シート状電極、その製造方法及び板状金属水酸化物含有キャパシター
技術分野 電気・電子、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 板状金属水酸化物含有シート状電極、その製造方法及び板状金属水酸化物含有キャパシター
目的 比容量が高く、サイクル寿命の長い板状金属水酸化物含有シート状電極、その製造方法及びキャパシターを提供する。
効果 本発明の板状金属水酸化物含有シート状電極は、比容量が高く、サイクル寿命の長いキャパシターを構成可能な電極とすることができる。
本発明の板状金属水酸化物含有シート状電極の製造方法は、容量が高く、サイクル寿命の長いキャパシターを構成可能な電極を容易に作成することができる。
本発明の板状金属水酸化物含有キャパシターは、比容量が高く、サイクル寿命の長いキャパシターとすることができる。
技術概要
溝形成処理済み導電性ファイバーが網目状に編みこまれてなるシートと、前記溝形成処理済み導電性ファイバーの表面に集積された複数の板状金属水酸化物とからなることを特徴とする板状金属水酸化物含有シート状電極。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT