光触媒、その製造方法及び光触媒を用いた水素発生方法

開放特許情報番号
L2018001251
開放特許情報登録日
2018/6/15
最新更新日
2018/6/15

基本情報

出願番号 特願2015-008782
出願日 2015/1/20
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-157282
公開日 2015/9/3
発明の名称 光触媒、その製造方法及び光触媒を用いた水素発生方法
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 光触媒及び、その製造方法及び光触媒を用いた水素発生方法
目的 毒性がなく、年生産量も高い材料を主成分とし、可視光照射で水を分解して水素を発生可能な光触媒を提供する。
効果 価数の異なるSnを隣接配置させることができ、可視光を吸収可能なバンドギャップと、バレンスバンドとコンダクションバンドのエネルギー値の間にアルコール水溶液中のH↑+を効率的にH↓2に変える基準電位を存在させることができ、可視光照射でアルコール水溶液から水素を大量に発生可能な光触媒とすることができる。また、毒性がなく、年生産量も高く、低価格な材料であるSnを主成分とするので、安全で、安価で大量供給可能な光触媒を提供できる。
技術概要
化学式Sn↓3O↓4で表される結晶であって、前記結晶中に価数の異なるSnが2以上存在することを特徴とする光触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT