光触媒_2_金属修飾アパタイトを用いた食品保存方法およびこれに用いられる食品容器_2017年度WIPO GREEN DB登録済

開放特許情報番号
L2018001235
開放特許情報登録日
2018/6/15
最新更新日
2018/6/15

基本情報

出願番号 特願2003-577667
出願日 2002/3/27
出願人 富士通株式会社
公開番号 WO2003/079824
公開日 2003/10/2
登録番号 特許第3742414号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 金属修飾アパタイトを用いた食品保存方法およびこれに用いられる食品容器
技術分野 食品・バイオ、機械・加工、輸送
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 食品容器
目的 光照射条件下においても暗所においても良好な抗菌効果を奏することのできる食品保存方法、および、これに用いられる食品容器を提供すること。
効果 食品保存や食器の保管において、光照射条件下のみならず暗所においても良好な抗菌効果が得られる。当該食器容器や食器に収容される食品の鮮度や清潔さが維持され、その結果、食中毒などの発生が防止される。このような抗菌効果は、一旦焼結工程を経た金属修飾アパタイトを用いることにより向上させ得る。
技術概要
アパタイト結晶構造に含まれる金属原子の一部が光触媒性のTiであり且つ生成された後に焼結された金属修飾アパタイトを内表面に付着させた食品容器に、または、前記金属修飾アパタイトが添加された材料により作製された食品容器に、食品を収容し、少なくとも一時期において当該食品容器を暗所に存在させる、食品保存方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ファミリ:中国_2827809.7, 韓国_2004-7010474, 【SDGs目標】 2.飢餓をゼロに, 3.すべての人に健康と福祉を, 6.安全な水とトイレを世界中に, 11.住み続けられるまちづくりを, 14.海の豊かさを守ろう

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT