認証情報入力装置および認証情報入力方法

開放特許情報番号
L2018001218
開放特許情報登録日
2018/6/26
最新更新日
2018/6/26

基本情報

出願番号 特願2010-042728
出願日 2010/2/26
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2011-180731
公開日 2011/9/15
登録番号 特許第5432004号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 認証情報入力装置および認証情報入力方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 認証情報入力装置および認証情報入力方法
目的 簡易な構造のRFIDカードを用いてセキュリティ機能を高めた認証に利用することが可能な認証情報入力装置および認証情報入力方法を提供する。
効果 同時に読み取るRFIDタグID情報の数や順番に応じて認証に用いる認証情報を作成するため、RFIDタグ自体が高度なセキュリティ機能を搭載していなくても、認証のセキュリティを高めることができる。
特別な遮蔽装置ではなく指でRFIDタグを遮蔽することが認証情報の入力行為となるので、カード用のリーダ以外にパスワードや暗証番号を入力するための入力端末等の入力装置が不要となる。
技術概要
RFIDカードに備えられた水に吸収されやすい周波数帯を利用する複数のRFIDタグの夫々を一意に特定するためのRFIDタグID情報と前記認証情報を構成するための認証情報要素とを対応付けて格納した認証情報格納手段と、前記複数のRFIDタグを備えたRFIDカードから前記RFIDタグID情報を読み取るRFIDタグID情報読取手段と、前記RFIDタグID情報読取手段によって読み取ったRFIDタグID情報に基づいて、前記認証情報格納手段に格納された前記認証情報要素を検索する認証情報要素検索手段と、前記認証情報格納手段に格納された前記認証情報要素と前記認証情報要素検索手段によって検索された認証情報要素との差分を抽出する認証情報要素抽出手段と、前記RFIDタグ情報読取手段による読み取りと前記認証情報要素検索手段による検索と前記認証情報要素抽出手段による抽出を所定回数繰り返すことにより、前記繰り返し抽出された認証情報要素から構成される前記認証情報を作成する認証情報作成手段と、前記認証情報作成手段によって作成された前記認証情報を前記認証装置へ入力する認証情報入力手段とを備えることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT