通信方法、通信システム、検出装置および無線端末装置

開放特許情報番号
L2018001208
開放特許情報登録日
2018/6/26
最新更新日
2018/6/26

基本情報

出願番号 特願2008-220249
出願日 2008/8/28
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2010-055407
公開日 2010/3/11
登録番号 特許第5426125号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 通信方法、通信システム、検出装置および無線端末装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 通信方法、通信システム、検出装置および無線端末装置
目的 所望の機器と確実に通信を行うことができる通信方法、通信システム、検出装置および無線端末装置を提供する。
効果 端末装置が、特定の検出装置とだけ通信できる。
技術概要
情報の入力を受け付ける手段を有する無線端末装置と、所定の装置に有線接続された検出装置との間で通信を行う通信方法であって、
前記無線端末装置が前記検出装置に載置されたとき、前記検出装置が備える検出手段が前記無線端末装置を検出し、
前記検出装置が備えるパルス出力手段が当該検出装置固有のパルスを、前記検出手段により検出された前記無線端末装置に出力し、
前記無線端末装置が備えるパルス検出手段が前記パルスを検出すると、当該無線端末装置に予め記憶された前記パルスのパターンと照合して前記検出装置を特定し、
前記検出装置を特定した後、前記無線端末装置が備える通信手段が、前記パルス検出手段によって特定された前記検出装置とだけ無線通信を可能にし、前記受け付ける手段により入力を受け付けた情報を前記検出装置に送信する
ことを特徴とする通信方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT