抗線維症剤およびリン酸化Smad核内移行阻害剤

開放特許情報番号
L2018001196
開放特許情報登録日
2018/6/5
最新更新日
2018/6/5

基本情報

出願番号 特願2017-131587
出願日 2017/7/5
出願人 国立大学法人千葉大学
公開番号 特開2018-012691
公開日 2018/1/25
発明の名称 抗線維症剤およびリン酸化Smad核内移行阻害剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 抗線維症剤
目的 リン酸化Smadの核内移行を阻害することによる、特発性肺線維症を治療、予防する抗線維症剤の提供。
効果 組織の線維化関連タンパク質の発現プロセスを抑制し、肺、腎臓、肝臓、心臓、皮膚、骨髄、膵臓、眼等の多様な組織での線維症の治療と予防、特に特発性肺線維症の治療、予防へ用いることができる。
技術概要
グルコシルセラミド合成酵素阻害剤、ラクトシルセラミド合成酵素阻害剤のいずれか、または両方を有効成分とする抗線維症剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT