チキソトロピー性付与剤及びそれを用いた物理ゲルの製造方法

開放特許情報番号
L2018001150
開放特許情報登録日
2018/5/29
最新更新日
2019/11/29

基本情報

出願番号 特願2018-070350
出願日 2018/3/30
出願人 国立大学法人岐阜大学
公開番号 特開2019-178318
公開日 2019/10/17
発明の名称 チキソトロピー性付与剤及びそれを用いた物理ゲルの製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 塗料等にチキソトロピー性を付与するチキソトロピー性付与剤、これを用いて液体の対象物を物理ゲル化する製造方法
目的 塗料等に効果的なチキソトロピー性を付与するためのチキソトロピー性付与剤および、それを用いて物理ゲルを製造する方法について提案する。
効果 種々の溶液と混合することによって、液体状態のものを物理ゲル化することができる。従って、固形状態で使用する方が適したシーンでの利用も可能となるので、同一製品であっても、応用範囲を拡大することができる。
技術概要
本発明は、塗料等に効果的なチキソトロピー性を付与するためのチキソトロピー性付与剤に関する。本発明のチキソトロピー性付与剤と水系塗料組成物とを混合して得られる物理ゲルは、塗布する際に機械的攪拌によって粘度を低下させて塗布しやすくすることができ、塗布後は静止した状態になるので再び物理ゲル化して液だれを抑制することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2019 INPIT