ガスセンサ_17_ガスセンサーデバイス、ガス測定装置、及びガスセンサーデバイスの作製方法_2017年度WIPO GREEN DB登録済

開放特許情報番号
L2018001139
開放特許情報登録日
2018/5/29
最新更新日
2018/5/29

基本情報

出願番号 特願2016-155902
出願日 2016/8/8
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2018-025412
公開日 2018/2/15
発明の名称 ガスセンサーデバイス、ガス測定装置、及びガスセンサーデバイスの作製方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 ガスセンサーデバイス、ガス測定装置、及びガスセンサーデバイスの作製方法
目的 CuBrを用いたガスセンサーデバイスにおいて、応答速度を最大にする構成と手法を提供する。
効果 臭化第一銅(CuBr)を用いたガスセンサーデバイスで、応答速度を最大にすることができる。
技術概要
酸化第一銅(Cu2O)を下地層とする銅(Cu)膜を、臭化第二銅(Cu2Br)の溶液を用いて臭化処理を行うことにより、臭化第一銅(CuBr)と大気との界面をなす結晶面が主に(111)面に制限された、臭化第一銅(CuBr)の検知膜17が得られ、(111)面よりもアンモニアの吸着速度が低いものの割合を極小化する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ファミリ:米国_15/668422, 【SDGs目標】 3.すべての人に健康と福祉を, 11.住み続けられるまちづくりを

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT