引き起こし作業用器具及びそれを用いた引き起こし方法

開放特許情報番号
L2018001118
開放特許情報登録日
2018/5/25
最新更新日
2018/5/25

基本情報

出願番号 特願2007-216459
出願日 2007/8/22
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開2009-045038
公開日 2009/3/5
登録番号 特許第4753919号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 引き起こし作業用器具及びそれを用いた引き起こし方法
技術分野 食品・バイオ、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 引き起こし作業用器具及び引き起こし方法
目的 背の高い柱状部材であっても登ることなく、引き起こしている最中に柱状部材から外れることがなく、安定して引き起こし作業を行うことができる引き起こし作業用器具と、その引き起こし作業用器具を用いた傾斜した柱状部材の引き起こし方法を提供する。
効果 背の高い柱状部材であっても、登らずに引き起こし作業を行うことができる。それだけでなく、本発明の引き起こし作業用器具及びそれを用いた引き起こし方法によれば、固定手段が牽引手段で牽引されている間は、固定ワイヤと本発明の引き起こし作業用器具とで柱状部材が挟持され続ける。したがって、柱状部材が多少揺動したとしても外れてしまうことが無く、安定して引き起こすことができる。
技術概要
傾斜した状態の柱状部材を、地面に配された牽引手段によって牽引して引き起こす際に使用される引き起こし作業用器具であって、
前記柱状部材に巻き掛けられた固定ワイヤの一端側が係止される係止部と、前記固定ワイヤの他端側が遊挿状態で挿通されるワイヤ挿通溝とを有する器具本体と、
牽引ワイヤを介して前記牽引手段が接続され、前記牽引ワイヤを介して前記牽引手段によって牽引されることで、前記固定ワイヤを前記ワイヤ挿通溝の壁面に押圧して前記器具本体に固定する固定手段とを具備することを特徴とする引き起こし作業用器具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT