自由熱雑音から電力を発生させる分子チップ

開放特許情報番号
L2018001105
開放特許情報登録日
2018/5/23
最新更新日
2018/10/24

基本情報

出願番号 特願2014-075198
出願日 2014/4/1
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2015-198506
公開日 2015/11/9
登録番号 特許第6386766号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 自由熱雑音から電力を発生させる分子チップ
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 単分子層
目的 環境中で利用可能なエネルギー(kT)を使用して、追加的な電力を作成する実用的なデバイスを設計すること。
効果 自由に利用可能な熱エネルギーを電力に変換する装置を提供する。
任意の化学的または他の種類の材料供給の不在下でも、暗所(光の非存在下)で機械を動作させることを可能にする。
配線もなく電源供給ラインもなく熱損失もないのような、パワーエレクトロニクスの新たなクラスを生成することを可能にする。
技術概要
本発明の発明者は、環境から熱エネルギーを吸収し、それ自身の分子運動状態を使用して電力を発生する電子デバイスを想到した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT