熱電発電装置

開放特許情報番号
L2018001091
開放特許情報登録日
2018/5/22
最新更新日
2018/5/22

基本情報

出願番号 特願2016-170003
出願日 2016/8/31
出願人 学校法人早稲田大学
公開番号 特開2018-037542
公開日 2018/3/8
発明の名称 熱電発電装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱電発電装置
目的 微細化して高出力を得ることができる熱電発電装置を提供する。
効果 熱電変換素子の長さ及び幅を最小化し、微細化することにより高出力化を図ることができる。
技術概要
基板と、
前記基板の表面上の熱電変換素子と、
前記熱電変換素子と熱的に接続された熱伝導部と
を備え、
前記熱電変換素子は、少なくとも一対のP型熱電変換部とN型熱電変換部を有し、
前記熱伝導部は、前記P型熱電変換部と前記N型熱電変換部の前記基板表面に平行な方向の一端側と、熱的に接続されている
ことを特徴とする熱電発電装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 本件は、『早稲田大学技術シーズ集(問合NO.1864)』に掲載されている案件です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT