準静電界を利用した通信装置および改札機

開放特許情報番号
L2018001070
開放特許情報登録日
2018/6/28
最新更新日
2018/6/28

基本情報

出願番号 特願2014-014268
出願日 2014/1/29
出願人 東日本旅客鉄道株式会社
公開番号 特開2015-142259
公開日 2015/8/3
登録番号 特許第6261356号
特許権者 東日本旅客鉄道株式会社
発明の名称 準静電界を利用した通信装置および改札機
技術分野 電気・電子、情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 準静電界通信を利用した改札機や入場ゲート
目的 準静電界通信を利用した改札機において、準静電界通信に適した通信応答時間のパラメータに変更することで、従来の電磁誘導型のICカードを用いた場合の通信タイムアウトの発生を防止する。
効果 準静電界通信を利用した改札機において、従来の電磁誘導型のICカードを用いた場合でも、通信タイムアウトの発生を防止することができる。
技術概要
電磁誘導型のICカードから情報を読み出し、読み出した情報から通信応答時間のパラメータを抽出し、抽出したパラメータを準静電界通信に適した値に変更し、変更されたパラメータを準静電界通信を利用した改札機に送信することにより、通信タイムアウトの発生を防止する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 応相談

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT