油洗浄装置及び絶縁油洗浄システム

開放特許情報番号
L2018001067
開放特許情報登録日
2018/5/18
最新更新日
2018/5/18

基本情報

出願番号 特願2008-318114
出願日 2008/12/15
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開2010-137191
公開日 2010/6/24
登録番号 特許第4854726号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 油洗浄装置及び絶縁油洗浄システム
技術分野 化学・薬品、機械・加工、生活・文化
機能 機械・部品の製造
適用製品 油洗浄装置
目的 油と水を分離した後に、油水分離槽に静置して洗浄し、有機酸が含まれる水だけを電気分解して循環させることにより、分離した水に含まれる有機酸を可能な限り除去し、配管の腐食を防止することができる油洗浄装置を提供すること。
効果 1) 電気分解によりTOCの値が経時的減少する。
2) TOCの値が減少していることから有機酸の一部は分解されていると思われる。
技術概要
汚染物を含む油、及び水からなる未処理油を、油と水に分離して次工程に供給する油洗浄装置であって、
前記未処理油と所定濃度の塩化ナトリウム水溶液とを混合して乳化液を生成する混合手段と、
該混合手段により生成された乳化液を汚染物を含む油と水とに分離する油水分離手段と、
前記油水分離手段により分離された水に含まれる水溶液不純物を酸化分解する電気分解手段と、を備え、
前記油水分離手段は、前記混合手段により生成された乳化液を通過させる際に該乳化液を構成する油滴及び水滴を遠心力により成長させて噴射するライフル管と、噴射された油滴及び水滴を汚染物を含む油と水とに分離する液体サイクロンと、分離された汚染物を含む油と水とを静置する貯留槽と、を備え、
前記油水分離手段により分離した油と水を油水分離槽に静置して洗浄し、有機酸が含まれる水を前記電気分解手段により電気分解して循環させることにより、前記分離した水に含まれる前記有機酸を除去することを特徴とする油洗浄装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT