魚道における防鳥装置

開放特許情報番号
L2018001065
開放特許情報登録日
2018/5/18
最新更新日
2018/5/18

基本情報

出願番号 特願2004-353235
出願日 2004/12/6
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開2006-158277
公開日 2006/6/22
登録番号 特許第4703177号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 魚道における防鳥装置
技術分野 食品・バイオ、土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 防鳥装置
目的 簡単な構造で、既存の魚道に容易に取り付けることができ、かつ、魚類を鳥類の捕食から有効に保護することができる魚道における防鳥装置を提供すること。
効果 可撓性紐体(3)を前記魚道(1)の上方に複数張設したので、捕食のために飛来した鳥類(B)は、魚道(1)又はその付近に着地しようとしても、これらの可撓性紐体(3)に接触してしまうため、着地することができず、魚道(1)内を主に遡上のときに通過する魚類(F)を鳥類(B)の捕食から保護することができる。
技術概要
魚類(F)を通過させるために設置された魚道(1)における防鳥装置であって、
捕食のために飛来した鳥類(B)が魚道(1)内又はその近傍に着地したときに鳥類(B)の翼又は体が接触するように、該魚道(1)の上流側に設けた上流側支持部材(10、20、50)と、下流側に設けた下流側支持部材(11、21、51)との間に、複数の可撓性紐体(3)を前記魚道(1)の上方に張設した、ことを特徴とする魚道における防鳥装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT