鳥害用防護管

開放特許情報番号
L2018001063
開放特許情報登録日
2018/5/18
最新更新日
2018/5/18

基本情報

出願番号 特願2005-170179
出願日 2005/6/9
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開2006-340670
公開日 2006/12/21
登録番号 特許第4749042号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 鳥害用防護管
技術分野 食品・バイオ、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 鳥害用防護管
目的 鳥害防止効果を大きくとることができるとともに、電線に対する取付け作業および保守点検作業が容易となり、かつ構造も簡単で製造が容易になるとともにコストダウンを図ることができる鳥害用防護管を提供すること。
効果 本発明の鳥害用防護管は、臭気剤の臭いにより鳥が止まることを防止して鳥害防止効果を大きくとることができる。また、臭気剤は、外管と内管との間に介在された中間層に添加されて風雨に晒されることがないから、臭いの効果を長く保つことができる。さらに、臭いの効果が切れたら外管に形成された穴から臭気剤を中間層に補充するだけで継続して使用できる。
技術概要
内管と外管を有する二重管構造となっており、内管と外管の間には臭気剤が添加された中間層が介在され、外管には、前記臭気剤の臭いを放出させ、かつ臭気剤を前記中間層に補充するための複数の穴が穿設されたことを特徴とする鳥害用防護管。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT