クラゲ等の海棲生物の処理方法

開放特許情報番号
L2018001053
開放特許情報登録日
2018/5/18
最新更新日
2018/5/18

基本情報

出願番号 特願2004-161507
出願日 2004/5/31
出願人 中国電力株式会社
公開番号 特開2005-342552
公開日 2005/12/15
登録番号 特許第4721661号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 クラゲ等の海棲生物の処理方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 海棲生物の処理方法
目的 従来の方法とは異なる新規斬新な方法により、クラゲ等を減容化させて廃棄処理コストを低減すると共に、悪臭の発生を抑える。
効果 本発明に係るクラゲ等の海棲生物の処理方法は、真空凍結乾燥により、クラゲ等の成分の大半を占める水分を除去することで、減容化を図ることができるため、廃棄処理コストを低減することができる。また、クラゲ等は水分が乾燥されるため、悪臭の発生も抑えることができる。
技術概要
液化燃料の燃焼ガスを作動媒体とするガスタービン、及び該燃焼ガスとの熱交換により得られた蒸気を作動媒体とする蒸気タービンの双方の作動により発電機で発電を行う火力発電所における、蒸気を冷却するための冷却水として海水を取水する際に取水ラインに流入するクラゲ等の海棲生物の処理方法であって、
液化燃料の貯蔵タンクから液化燃料をタービンに供給するための供給ラインに、熱交換器を介して処理タンクが接続され、該処理タンクに、バルブを介して真空ポンプが接続された発電所において、バルブを閉じ、供給ラインにおける液化燃料の気化熱を用いて処理タンク内が冷却された状態で、取水ラインから回収したクラゲ等を処理タンク内に投入し、冷凍する工程と、バルブを開け、真空ポンプを作動させて、冷凍されたクラゲ等を真空凍結乾燥する工程とを備えてなることを特徴とするクラゲ等の海棲生物の処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT