機械翻訳装置及び機械翻訳のためのコンピュータプログラム

開放特許情報番号
L2018001032
開放特許情報登録日
2018/5/16
最新更新日
2018/5/16

基本情報

出願番号 特願2017-077021
出願日 2017/4/7
出願人 国立研究開発法人情報通信研究機構
公開番号 特開2017-199363
公開日 2017/11/2
発明の名称 機械翻訳装置及び機械翻訳のためのコンピュータプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 機械翻訳装置及び機械翻訳のためのコンピュータプログラム
目的 原文を超える範囲の情報にしたがって適切に原文を訳し分けられる機械翻訳装置を提供する。
効果 同じフレーズであっても文頭にある場合と文中にある場合とを互いに区別できる。また、肯定文と疑問文とがタグにより区別できるようになるため、肯定文から得られるフレーズペアと疑問文から得られるフレーズペアとは、互いに異なるタグを含む。そのため、フレーズテーブルの学習が的確に行える。その結果、翻訳精度が向上する。しかもこの場合、PBSMT装置自体の構成は全く変える必要がない。したがって、簡単な構成により機械翻訳の精度を向上できる。
技術概要
翻訳に関するメタ情報を特定するためのメタ情報特定手段と、
翻訳の原文の所定位置に、前記メタ情報特定手段により特定されたメタ情報に対応するタグを挿入するためのメタ情報対応タグ挿入手段と、
前記タグが付された前記原文を入力として受ける機械翻訳装置とを含み、
前記メタ情報としては、予め定められた複数種類が規定されており、前記メタ情報対応タグ挿入手段は、前記メタ情報の種類に応じて前記タグを選択する、機械翻訳装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT