医療情報支援システム、医療情報支援方法及び医療情報支援プログラム

開放特許情報番号
L2018001009
開放特許情報登録日
2018/5/16
最新更新日
2018/5/16

基本情報

出願番号 特願2014-169726
出願日 2014/8/22
出願人 国立大学法人佐賀大学
公開番号 特開2016-045727
公開日 2016/4/4
発明の名称 医療情報支援システム、医療情報支援方法及び医療情報支援プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 医療情報支援システム等
目的 検査検体の採取日時又はスコア作成日時から現在日時までの経過時間に応じて、未確認の検査結果情報を異なる態様で警告表示することで、検査結果の確認を促して医療従事者の負担を軽減することができる医療情報支援システム等を提供する。
効果 検査結果から推定される患者の状態に応じて適切な確認対象者を抽出して医療行為を行うことができ、直接関与していないような専門医であっても、自分が診断するのに適した患者がいることを知ることができ、充実した医療サービスを提供することが可能になる。
未確認検査結果情報が参照された場合に、確認済みの状態に更新するため、検査結果の確認の有無を適正に管理することができる。
操作者の識別情報が記憶されたICカードをかざすだけで簡単に操作者の識別情報を入力することができ、操作者の負担を軽減することができる。
技術概要
検査に関する検査情報を記憶する検査データベース22と、前記検査情報から前記検査の結果が未確認の状態である未確認検査結果情報を抽出する未確認データ抽出部31と、抽出された前記未確認検査結果情報に関して、検査検体の採取日時又はスコア作成日時から現在日時までの経過時間を演算する経過時間演算部32と、演算された前記経過時間に応じて、前記未確認検査結果情報ごとに異なる態様で警告表示を行う表示制御部35とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT