クラウドアプリケーション動作中ローカル環境認識支援装置及びそのローカル環境認識支援方法

開放特許情報番号
L2018000982
開放特許情報登録日
2018/5/15
最新更新日
2018/5/15

基本情報

出願番号 特願2015-210898
出願日 2015/10/27
出願人 国立大学法人九州工業大学
公開番号 特開2017-084060
公開日 2017/5/18
発明の名称 クラウドアプリケーション動作中ローカル環境認識支援装置及びそのローカル環境認識支援方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 ローカル環境認識支援装置、ローカル環境認識支援方法
目的 クラウド上で動作している仮想マシン内又は仮想マシンのコンテナ内で実行されるアプリケーションが動作している間にローカル環境の認識を支援することが可能なクラウドアプリケーション動作中ローカル環境認識支援装置及びそのローカル環境認識支援方法を提供する。
効果 アプリケーションはローカルハードウェアと各種ローカル資源を利用することができ、通信に伴う時間遅延による効率低下を解消することができる。
本発明の技術を導入したクラウドサービス側で、ローカルと外部の両方の環境を把握した上で負荷分散を行ったり、クラウド内のトラフィック量を減少したりすることができる。
ビッグデータ等の処理を効率的かつ安全に行うことも可能になる。
技術概要
クラウド上で動作している仮想マシン内又は該仮想マシンのコンテナ内で実行されるアプリケーションソフトウェアに、前記仮想マシンが動作する前記クラウドのローカル環境に存在するローカルハードウェアと各種ローカル資源を提供して、前記アプリケーションソフトウェアの動作中にローカル環境認識を支援することを特徴とするクラウドアプリケーション動作中ローカル環境認識支援装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT