高強度人工骨材の製造方法

開放特許情報番号
L2018000937
開放特許情報登録日
2018/5/11
最新更新日
2018/5/11

基本情報

出願番号 特願平10-343663
出願日 1998/12/3
出願人 中電環境テクノス株式会社
公開番号 特開2000-169204
公開日 2000/6/20
登録番号 特許第3072423号
特許権者 中国電力株式会社
発明の名称 高強度人工骨材の製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 高強度人工骨材の製造方法
目的 流動床灰を使用し、これにセメントと水を加え、高圧で圧縮造粒することにより、製造プロセス、物性、施工性、経済性等に優れ、一般土木・建築用骨材(砂、砂利代替品)として好適に使用可能な高強度人工骨材の製造方法を提供する。
効果 本発明は特に流動床灰と高圧圧縮造粒法を採用することにより、微細な石炭灰(微粉炭燃焼灰)のセメント固化法で問題となった造粒時の必要水量を非常に低く抑えることが出来、造粒物は強度が大きく再凝結の心配がないので、取り扱いが容易で後工程も、例えば倉庫内のバラ積み養生など、プロセスは非常にシンプルになり、製造コストを安く出来る。
また、本発明方法において圧縮造粒の内部滑沢材や減水剤の添加を併用することにより、造粒物の圧密化、強度発現を高めることができる。
技術概要
石炭灰を利用した人工骨材の製造方法において、石灰石を流動媒体とする石炭焚き流動床炉燃焼灰(以下、流動床灰。)を用いて圧縮造粒と反応固化により長期強度の発現を増補するようにした高強度人工骨材の製造方法であって、前記流動床灰にセメントを加えた粉体量100重量部に対して、セメント量を5〜12重量部、及び添加する水量を13〜20重量部とし、加圧力を800〜1500kgf/cm↑2 として圧縮造粒するとともに反応固化することを特徴とする高強度人工骨材の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中国電力株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT