陰イオン交換膜材料及び陰イオン交換膜

開放特許情報番号
L2018000910
開放特許情報登録日
2018/5/9
最新更新日
2018/5/9

基本情報

出願番号 特願2014-151094
出願日 2014/7/24
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2016-023303
公開日 2016/2/8
発明の名称 陰イオン交換膜材料及び陰イオン交換膜
技術分野 有機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 陰イオン交換膜燃料電池用の陰イオン交換膜として使用できる材料
目的 アルカリ条件下でも高い化学的安定性を示すシロキサン系高分子を提供し、またこれにより高イオン伝導度を有した新規な高分子電解質膜を提供する。
効果 本発明によれば、アルカリ条件下での高い化学的安定性や高イオン伝導性を有するので、実用的なAEMFCの実現に貢献できる。
技術概要
架橋剤によりビニル末端ジフェニルシロキサン−ジメチルシロキサン共重合体が架橋されているとともに、フェニル基の少なくとも一部が第四級化されているポリジメチルシロキサン系共重合体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT