架橋ゼラチンスポンジ及びその製造方法

開放特許情報番号
L2018000901
開放特許情報登録日
2018/5/9
最新更新日
2018/5/29

基本情報

出願番号 特願2014-145757
出願日 2014/7/16
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2016-021984
公開日 2016/2/8
発明の名称 架橋ゼラチンスポンジの製造方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 架橋ゼラチンスポンジ及びその製造方法
目的 細胞培養に適した形状・大きさの空孔が複数設けられ、各空孔が互いに連通されている架橋ゼラチンスポンジ及びその製造方法を提供すること。
効果 本発明の架橋ゼラチンスポンジは、ゼラチン基材に複数の空洞部が設けられた架橋ゼラチンスポンジであって、前記ゼラチン基材が、ゼラチンが分子架橋されてなり、前記空洞部が略球状であり、前記空洞部の径が20μm以上1000μm以下であり、前記空洞部が互いに連通されている構成なので、スポンジ全体で均一に細胞を培養できる。
技術概要
ゼラチン基材に複数の空洞部が設けられた架橋ゼラチンスポンジであって、前記ゼラチン基材が、ゼラチンが分子架橋されてなり、前記空洞部が略球状であり、前記空洞部の径が20μm以上1000μm以下であり、前記空洞部が互いに連通されている架橋ゼラチンスポンジを用いることにより、前記課題を解決できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT