ネット式電気柵

開放特許情報番号
L2018000881
開放特許情報登録日
2018/4/30
最新更新日
2018/5/8

基本情報

出願番号 特願2015-244613
出願日 2015/11/27
出願人 石和田 稔彦
公開番号 特開2017-093415
公開日 2017/6/1
発明の名称 ネット式電気柵
技術分野 その他
機能 その他
適用製品 ネット式電気柵
目的 畑の農作物を、猿、イノシシ、ハクビシン、アナグマなどの害獣の被害から守る。
効果 従来の電気柵より害獣の被害を受け難く、かつ電気柵付近の草刈りの頻度が少なくても、その性能を維持できる。
技術概要
(1) 猿が電気柵を乗越える時に、衝撃高圧電源のプラス側に接続された電気柵ネットの導電帯と、マイナス側に接続された導電帯に、非通電時間以上の時間に亘って触れ続けるようにする。
(2) 支柱に長方形の板を取付けて、猿が支柱を掴み難くする。
(3) 電気柵ネットの最下部の網に金属線を撚り込み、猿が噛み切れなくする。
(4) 電気柵ネットの最下部の網を電気柵の外側の地表に敷設し、それが草で覆われるようにして、アナグマやハクビシンが電気柵の下を潜り抜けるのを防ぐ。
(5) 電気柵ネットに地表から1mの高さまで寒冷紗を張設し、猪の習性により内側が見えない場所への侵入を躊躇させる。
(6) 電気柵ネットの最上部の導電帯のみに衝撃高圧を印加し、電気柵付近に草が生えても漏電し難くする。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 石和田 稔彦

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT