盤木装置

開放特許情報番号
L2018000860
開放特許情報登録日
2018/6/22
最新更新日
2018/6/22

基本情報

出願番号 特願2006-198991
出願日 2006/7/21
出願人 シバタ工業株式会社
公開番号 特開2008-024157
公開日 2008/2/7
登録番号 特許第4846475号
特許権者 シバタ工業株式会社
発明の名称 盤木装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 盤木装置
目的 支持体の傾斜の調整及び固定を容易に行うことが出来る、効率的な盤木装置を提供する。
効果 支持体の船体に対する当接状態を変化させることができるため、船体の外面の傾斜度に合わせて支持体を適切な当接状態にでき、使い勝手が良い。
支持体の当接状態を確実に変化させると共に、変化状態の保持の信頼性が向上する。
スペーサーの形状に応じて支持体の各々の当接面の傾斜度が変化するため、船体の外面形状に合わせてより適切な当接状態を容易に確保できる。
変化した支持体の当接状態の保持の信頼性が更に向上する。
技術概要
船体の外面に当接して、これを支持するための盤木装置であって、
弾性材料よりなり、前記船体に当接される支持体と、
前記支持体がその上面に固定される盤木本体と、
前記盤木本体の前記上面の傾斜度が変化できるようにすると共に、前記変化した状態を保持できるように前記盤木本体に係合する盤木基部とを備え、
前記盤木本体及び前記盤木基部のいずれか一方には第1曲面が形成されると共に、前記第1曲面には断面が凸状の突起体が少なくとも1条形成され、
前記盤木本体及び前記盤木基部のいずれか他方には前記第1曲面に沿う第2曲面が形成されると共に、前記第2曲面には前記突起体に係合できる凹状の溝が、前記傾斜度が変化する方向に複数平行に形成され、
前記盤木本体と前記盤木基部とは、前記第1曲面及び前記第2曲面を介して係合する、盤木装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シバタ工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT