粉粒体の保管方法

開放特許情報番号
L2018000855
開放特許情報登録日
2018/6/22
最新更新日
2018/6/22

基本情報

出願番号 特願2001-154813
出願日 2001/5/24
出願人 シバタ工業株式会社
公開番号 特開2002-347884
公開日 2002/12/4
登録番号 特許第4724314号
特許権者 シバタ工業株式会社
発明の名称 粉粒体の保管方法
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 特定物質の保管方法及び揮発性物質の保管方法
目的 気密性を必要とする特定物質に対して、効率的且つ効果的な保管方法を提供する。
効果 粉粒体は外部に対して一定の気密状態で且つ飽和揮発状態で保管されるので、取り扱いが容易となると共に取り扱い状態が安定する。
粉粒体から蒸散した揮発成分は飽和状態となり、それ以上の蒸散現象が停止するため、粉粒体の品質が安定する。
気密性ジッパーの開閉だけで第2の容器の収納及び第1の容器の気密性の確保が容易となり、使い勝手がよい。
一定量以上の揮発成分の蒸散が防止されるので、品質の低下が防止される。
移送の取り扱いが容易となり、又移送時に粉粒体の揮発による周りの環境への影響を与えることがない。
技術概要
揮発性の高い液体を含侵させた粉粒体の保管方法であって、
開閉自在で気密性を有し、前記液体の蒸散を阻止する第1の容器の中に、前記第1の容器より気密性が低く、前記液体の蒸散を可能とする第2の容器を収納することにより、前記第2の容器内に充填された気密性を必要とする前記粉粒体を、前記第2の容器の外面と前記第1の容器の内面とで形成される空間内を前記液体から蒸散した揮発成分で飽和状態として保管する、粉粒体の保管方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シバタ工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT