金属材料の表面処理方法

開放特許情報番号
L2018000840
開放特許情報登録日
2018/4/26
最新更新日
2018/4/26

基本情報

出願番号 特願2015-179368
出願日 2015/9/11
出願人 国立大学法人 熊本大学
公開番号 特開2017-053012
公開日 2017/3/16
発明の名称 金属材料の表面処理方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属の表面処理方法
目的 周期表第4族(Ti等)、5族、6族の金属・合金の窒化を短時間で行う方法の提供。
効果 本発明の金属の表面処理方法によれば、例えばチタンに対するβ安定化元素として知られる鉄を拡散させることなく、窒素を拡散させることができ、耐摩耗性の改善等、チタン等の金属の表面改質を効率的に行うことができる。
技術概要
(i)炭素粉末、あるいは(ii)炭素粉末と、鉄又は鉄を主成分とし炭素を含有した鉄合金の粉末とを含む混合粉末を、該処理対象の金属とは非接触の状態で配置して、窒素を含む雰囲気中で加熱処理を行う窒化法。粉末は酸素分圧を下げ、クリーンな窒素雰囲気を形成する窒化法。加熱処理温度800〜1200℃、好ましくは800〜1100℃で窒化処理を行う金属の表面処理方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人熊本大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT