アミノ基含有炭素材料の製造方法、及びアミノ基含有炭素材料

開放特許情報番号
L2018000834
開放特許情報登録日
2018/4/26
最新更新日
2018/4/26

基本情報

出願番号 特願2016-019283
出願日 2016/2/3
出願人 国立大学法人 熊本大学
公開番号 特開2017-137214
公開日 2017/8/10
発明の名称 アミノ基含有炭素材料の製造方法、及びアミノ基含有炭素材料
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 アミノ基含有炭素材料の製造方法、及びアミノ基含有炭素材料
目的 新規なアミノ基含有炭素材料、及び、そのアミノ基含有炭素材料を簡便かつ安定に得られる製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、新規なアミノ基含有炭素材料、及び、そのアミノ基含有炭素材料を簡便かつ安定に得られる製造方法を提供することができる。
技術概要
炭素材料と、超臨界状態のアンモニアと、を反応させて、前記炭素材料にアミノ基が結合したアミノ基含有炭素材料を得る工程(X)を有する、アミノ基含有炭素材料の製造方法。
前記工程(X)において、アンモニアが超臨界状態となる温度及び圧力下で、炭素材料とアンモニア水とを反応させる、アミノ基含有炭素材料の製造方法。
炭素材料にアミノ基が結合したアミノ基含有炭素材料において、
炭素/窒素で表されるモル比率が、15以下である、アミノ基含有炭素材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人熊本大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT