アンモニアの精製方法及び精製装置

開放特許情報番号
L2018000781
開放特許情報登録日
2018/4/18
最新更新日
2018/4/18

基本情報

出願番号 特願2003-404852
出願日 2003/12/3
出願人 大陽日酸株式会社
公開番号 特開2005-162546
公開日 2005/6/23
登録番号 特許第4062710号
特許権者 大陽日酸株式会社
発明の名称 アンモニアの精製方法及び精製装置
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、加熱・冷却
適用製品 アンモニアガスの精製装置
目的 原料アンモニアに含まれる多種類の非金属不純物を、多段階の精製工程を用いることなく効率的に除去し、高純度に精製する。
効果 第1の除去工程では、熱交換器の冷却作用によりアンモニアを液化させ、アンモニアよりも沸点の低い不純物ガスをガス状態のままとすることで、低沸点不純物ガスを選択的に分離・除去している。
第2の除去工程では、アンモニアガスを水分吸着剤及び触媒に導入することで、水及び酸素を取り除いている。
技術概要
粗アンモニアガス(不純物として、水分及びアンモニアより沸点の低い不純物ガス等を含む)の精製法であって、
第1の除去工程(熱交換器からなる蒸留部(3)に粗アンモニアガスを導入して、熱交換器の冷却作用によりアンモニアガスを液化し、低沸点不純物ガスをガス状態のまま蒸留部(3)から排気することで、低沸点不純物ガスを除去)と、
気化工程(液化されたアンモニアを蒸留部(3)から排出して加熱部(15)を通過させることによって気化)と、
第2の除去工程(水分を吸着する水分除去部(22,24)と、酸素を分離する触媒部(23,25)に、気化工程において気化されたアンモニアガスを導入し、水分と酸素を除去)とからなる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大陽日酸株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT