FRP製クライオスタット

開放特許情報番号
L2018000766
開放特許情報登録日
2018/4/18
最新更新日
2018/4/18

基本情報

出願番号 特願2010-149281
出願日 2010/6/30
出願人 大陽日酸株式会社
公開番号 特開2012-015260
公開日 2012/1/19
登録番号 特許第5548050号
特許権者 大陽日酸株式会社
発明の名称 FRP製クライオスタット
技術分野 電気・電子、機械・加工、金属材料
機能 機械・部品の製造、接着・剥離
適用製品 FRP製クライオスタット
目的 FRP製クライオスタットの容器壁部における金属製部材貫通部からのリークを防止する。
効果 金属製部材(E)は、容器壁部(D)とは鍔付雄ねじ部材(A)の鍔部内表面のみで接している。これにより、軸方向の熱収縮分を解放でき、熱応力の影響をほとんど受けなくなり、真空リークを効果的に抑制できる。
また、FRP層(F)、接着剤層(G)等を使用することで、確実に密封構造を確保できる。
技術概要
容器壁部(D)と鍔部(B)内表面との間の密封構造が、次の(1)又は(2)の特徴を持つFRP製クライオスタット。
(1)内径がストレート孔よりも大きく、かつ外径が鍔部(B)よりも小さい輪型形状のプリプレグを挟着後、硬化させて形成されたFRP層(F)を介して接合されている。
(2)容器壁部(D)側の面に、内径がストレート孔よりも大きく、かつ外径が鍔部(B)より小さい、接着剤層(G)形成用の接着剤溜の溝内に接着剤を塗布後、硬化させて形成された接着剤層(G)を介して接合されている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大陽日酸株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT