マルチカメラ映像合成表示装置

開放特許情報番号
L2018000738
開放特許情報登録日
2018/4/17
最新更新日
2018/4/17

基本情報

出願番号 特願2003-028995
出願日 2003/2/6
出願人 株式会社日立製作所
公開番号 特開2004-242049
公開日 2004/8/26
登録番号 特許第4304997号
特許権者 株式会社日立製作所
発明の名称 マルチカメラ映像合成表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 映像表示装置
目的 複数のカメラで撮影した画像を複数のプロジェクタで表示する装置に関して,複数のカメラ画像を継ぎ目のない一つの高精細な画像として表示するための画像データ変換,表示機構を備えた映像表示装置を提供すること。
効果 本発明によれば,複数のカメラと複数のプロジェクタを1対1に対応付け,カメラパラメータ,プロジェクタのパラメータ,およびスクリーン形状に基づいて,各カメラ画像をそのカメラに対応付けられたプロジェクタの入力画像に変換することにより,複数のカメラで撮影した画像を継ぎ目のない一つの高精細な画像として表示できる映像表示装置を提供することができる。
技術概要
複数のカメラを使用して被写体を撮影する撮影部と,前記撮影部が撮影した画像を補正する画像補正部と,複数のプロジェクタを使用して前記補正した画像を表示する表示部とを備えた映像合成表示装置において,
前記画像補正部は、前記複数のカメラと前記複数のプロジェクタとを、前記カメラの相対的な位置関係と前記プロジェクタの相対的な位置関係とが等しくなるように1対1に対応付けた変換テーブルを有し,
前記変換テーブルは、前記撮影部のカメラのレンズ歪補正、焦点距離、画素の縦横比及び姿勢、ならびに前記複数のカメラのすべてで撮影できる範囲、前記画像を表示するスクリーン上の表示範囲及び前記プロジェクタの内部及び外部パラメータに基づいて作成されたものであり、
前記画像補正部は、前記変換テーブルを用いて前記撮影部から入力された画像を変換し、前記表示部に出力することを特徴とするマルチカメラ映像合成表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社日立製作所 知的財産本部

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT