高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤

開放特許情報番号
L2018000726
開放特許情報登録日
2018/4/12
最新更新日
2018/4/12

基本情報

出願番号 特願2016-093907
出願日 2012/1/16
出願人 国立大学法人 琉球大学
公開番号 特開2016-183172
公開日 2016/10/20
登録番号 特許第6281919号
特許権者 国立大学法人 琉球大学
発明の名称 高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤
目的 高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤を提供する。
効果 本発明の、4−フェニル酪酸またはγ−オリザノールを含む医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤により、高脂肪食への嗜好性を軽減させ、無意識のうちに低脂肪食をたべるようになり、肥満防止その他成人病防止にも大いに効果がある。
技術概要
4−フェニル酪酸またはγ−オリザノールを含む、高脂肪食への嗜好性を軽減させるための医薬組成物、飲食品組成物または飲食品添加剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT