アミノ酸およびペプチドの検出方法ならびに検出試薬

開放特許情報番号
L2018000724
開放特許情報登録日
2018/4/12
最新更新日
2018/4/12

基本情報

出願番号 特願2016-014936
出願日 2016/1/28
出願人 国立大学法人 長崎大学
公開番号 特開2017-133978
公開日 2017/8/3
発明の名称 アミノ酸およびペプチドの検出方法ならびに検出試薬
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 アミノ酸およびペプチドの検出方法、ならびに検出試薬
目的 生体由来試料や食品等に含まれるアミノ酸やペプチドを、迅速かつ簡便に、さらに特異的に検出し得る検出方法および検出試薬を提供する。
効果 本発明の検出方法は、アミノ酸およびペプチドに特異的で、温和な条件下、短時間で明確な呈色が得られるため、生体由来試料や食品中に存在するアミノ酸およびペプチドを、迅速かつ簡便に検出することができる。
また、本発明の検出方法により、従来そのままでは検出できなかったプロリン等のイミノ酸をも、容易に検出することができる。
技術概要
 
アミノ酸および/またはペプチドと、式(I)
(式中、Rは、ハロゲン原子または炭素数1〜6のアルコキシ基を示す)
で表される化合物を、中性〜弱アルカリ性の緩衝液中で、酸化剤の存在下に室温〜37℃で反応させて呈色させる、アミノ酸および/またはペプチドの検出方法。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT