シミュレーションプログラム生成プログラム及びシミュレーションプログラム生成方法

開放特許情報番号
L2018000709
開放特許情報登録日
2018/4/11
最新更新日
2018/4/11

基本情報

出願番号 特願2009-272499
出願日 2009/11/30
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2011-113542
公開日 2011/6/9
登録番号 特許第5363286号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 シミュレーションプログラム生成プログラム及びシミュレーションプログラム生成方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 シミュレーションプログラム生成プログラム及びシミュレーションプログラム生成方法
目的 シミュレーションプログラムの作成者やこれを用いて試験を行う試験者の負担を軽減するシミュレーションプログラム生成プログラム及びシミュレーションプログラム生成方法を提供する。
効果 形式が決められた仕様データテーブルに基づいてシミュレーションプログラムが生成されるため、プログラム構造や操作性が共通化される。このため、シミュレーションプログラムの作成者及びこれを用いて試験を行う試験者の負担を軽減することができる。
技術概要
端末装置の試験に用いる擬似ホストコンピュータを動作させるシミュレーションプログラム生成プログラムにおいて、
コンピュータを、
予め決められた所定の形式で、前記擬似ホストコンピュータの動作に関するデータ項目に対応する項目値が配置される仕様データテーブルを有し、前記仕様データテーブルの形式に応じて前記擬似ホストコンピュータを動作させるコマンドの形式を定義したコマンドパターンを記憶するパターン記憶手段から前記仕様データテーブルに対応する前記コマンドパターンを抽出し、抽出した前記コマンドパターンに基づき、前記仕様データテーブルに登録される項目値を用いてコマンドを生成するコマンド生成手段、
前記コマンド生成手段によって生成されたコマンド群をシミュレーションプログラムとして記憶するプログラム記憶手段の記憶領域を前記コマンド間の呼び出し関係に応じた階層に対応付けて分割し、生成された前記コマンドを該コマンドの呼び出し関係に基づく階層に対応する前記記憶領域に配置するコマンド配置手段、
として機能させることを特徴とするシミュレーションプログラム生成プログラム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT