現金機、現金機の制御方法

開放特許情報番号
L2018000706
開放特許情報登録日
2018/4/11
最新更新日
2018/4/11

基本情報

出願番号 特願2009-070677
出願日 2009/3/23
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2010-224811
公開日 2010/10/7
登録番号 特許第5330045号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 現金機、現金機の制御方法
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 複数の現金機の制御を行う技術
目的 ネットワークを介して複数の端末と複数の現金機とを接続し、現金機が出金処理不能な状態になった場合でも他の現金機から出金ができる現金機の制御方法を提供する。
効果 ネットワークを介して複数の端末と複数の現金機とを接続し、現金機が出金処理不能な状態になった場合でも他の現金機から出金ができるとともに、効率的な運用を可能にする。
技術概要
ネットワークを介して複数の端末と接続され、前記端末から送信される出金指示通知により紙幣および硬貨の出金処理を行う現金機であって、
出金指示通知を通信制御部で受信したとき出金処理中であるかを判定し、出金処理中であるときは他の現金機で出金処理を代替させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT