情報提供システム及び情報提供方法

開放特許情報番号
L2018000696
開放特許情報登録日
2018/4/11
最新更新日
2018/4/12

基本情報

出願番号 特願2017-114935
出願日 2016/6/12
出願人 株式会社松本商店
公開番号 特開2017-156357
公開日 2017/9/7
登録番号 特許第6310122号
特許権者 株式会社松本商店
発明の名称 情報提供システム及び情報提供方法
技術分野 情報・通信、生活・文化、電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、その他
適用製品 拡張現実を技術根底として使う電子機器又はソフトウェア
目的 溢れかえった情報の中、自分が何をしたいのか、を明確にし、それに対してのみ、
膨大な詳細情報が拡張現実を通して示され、なおかつ、リアルタイム情報、そしてそこに至るその経路を示す。
絞られたカテゴリーの中で、望まれたカテゴリーに対して、最大限の情報とその経路を指し示そうとするものである。
効果 拡張現実を用いながらも、カテゴリーを絞って情報を引き出していくため、その目的、経路などが明細化される。
大まかな情報からミクロな情報の中のディテールを導き出すことが可能。

大都会での目的地探し、駅探し、特定銀行探し、特定の飲食店探し等。
リアルタイム更新機能が備わっているのでサーバー運営者にもその契約者にもビジネスチャンスが眠ると思料する。

観光地や地域振興に於いては、現実社会と拡張現実での観光誘導等。
平面的、立体的な商業施設、テーマパークなどに於いては、多角的ガイドブック等が見込まれる。
技術概要
ユーザー端末で撮像した現実空間の実画像上に、当該現実空間の対象物に対応し
た対象物情報を重畳表示させることにより、ユーザーに対象物情報を適時的に取得させる
ことを可能にした情報提供システム及び情報提供方法を提供する。
本発明の情報提供システムおよび情報提供方法は、拡張現実サーバ20とネ
ットワーク30を介して通信可能に接続されたユーザー端末10において、当該ユーザー
端末10のカメラ15が撮像した現実空間の実画像上に、当該現実空間の対象物に対応し
た対象物情報や目的地までの経路情報を重ねて重畳表示することができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 地図ベンダー、ナビゲーション作成ベンダー、飲食店カテゴリーに特化した広告媒体における、リアルタイム情報、経路案内、ジャンル案内、
地域振興、広報広告ベンダー、ショッピングモール案内図、テーマパーク案内、経路イベント情報 等、
多彩な情報提供が見込まれる。
対価条件(一時金) 【要】全ては弊社と弊社弁理士と希望社と折衝
対価条件(ランニング) 【要】全ては弊社と弊社弁理士と希望社と折衝

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 カテゴリーを絞り、拡張現実を用いた技術であるため、
カテゴリーを絞ったソフトウェア制作等も可能である。
改善効果2 リアルタイム更新により、最寄りの、だけでなく、少し離れた場所にも誘導できる経済活動もサーバー運営者、その契約者には見込める。
改善効果3 既存の観光案内のみならず、地域振興のために地域振興課とソフトベンダーが相乗効果をあげられるような経済振興、地域振興も考えられる。
アピール内容 上記に挙げた通り。

登録者情報

登録者名称 株式会社松本商店

技術供与

図面の開示 【有】
図面1 すべて特許 第6310122号 を参照されたし。
マニュアルの開示 【有】
マニュアル1 すべて特許 第6310122号 を参照されたし。
その他の開示 【有】
その他1 すべて特許 第6310122号 を参照されたし。

事業化情報

事業化条件
ポテンシャル 【要】拡張現実の未来性と、来るべき高速通信を深く理解している企業様だと、将来性が理解されると思料する。

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
追加情報 ご質問は 弊社ホームページ お問い合わせ 知財部門にチェックを入れ、メールより
お問い合わせ下さい。
Copyright © 2018 INPIT